いざなってみると・・。

こんにちは、豊山町にあるピアノとリトミックのおうか音楽教室 すずきともこです。

①のあと、すぐに②を書き始めていたのですが、

なんと、コロナの妖精に、
おっと違う、陽性者になってしまいました。

怒涛の?連休が終わって
ほっと気が抜けて体調を崩すのは、いつものことなんですが、
さすがにあっちでもこっちでも感染者激増!
といわれていたので、微熱の出たその日のうちに病院に電話してみました。

まだ比較的混んでいなかったからか、
PCR検査をしたいんですが、、と切り出したところ、
まずはセルフで抗原検査をしてからにしてください。

と言われました。
どんどん患者さんが増えてきてきっと忙しいだろうしなぁ・・
普段の風邪と変わらないだし、
と、その時は80%くらいはただの風邪と考えていました。

でも、確定しないまま安易な行動はとりたくないと思い、
薬局で高原検査キットを買い、いざ検査!

はい、陰性

でも、その時はまだ37度ちょいのとき。
まだウィルスが少ないかも、、と思い
一人隔離して一日様子を見ました。

そして、次の日になり38度まで熱が上がったところで、
すぐに発熱外来を予約して、車の中から検査をしてもらいました。

結果は陽性。
(鼻の中ぐりぐりされるの本当に痛かったし、長かった😢)

まだ風邪の方を半分くらい信じていたので、
結構ショックでした。

すぐに家族へ連絡をし、夫にも帰宅要請をかけました。

生徒さんや息子の学校などあちこち連絡しながら、
そういえば、陽性になったらどうするんだっけ?

と考えました。
もう3年もこんな状況を過ごしているのに、
いざ陽性になった時には具体的にどうしたらいいのかが
結構わかっていませんでした。

症状が重ければ病院やホテルに行くのですが、
症状は軽症。
自宅隔離をする。
こまめに体調チェックをする。

という事くらいしかわかっていませんでした。

病院では陽性者向けの用紙を渡されましたが、
以外にシンプルなことのみが記載されています。
保健所から今日明日中にメールが届きます。
という伝言だけもらって隔離生活に入りました。

生徒さんや保護者の皆さまからは、
急なお休みやレッスンの変更でご迷惑をかけているのに!
お大事にしてくださいね!
という暖かいメッセージをいただいて、
ほろりとしました。

とにかく連絡だけ済ませたら、
後遺症も怖いですし、
しっかり寝て休んで少しでも早く体調を回復しなくちゃ!
と、おとなしくしていました。

そして、発症日から6日目の本日。

おかげさまで一昨日くらいから熱は完全に平熱に戻って、
乾燥すると少し咳がでるかな?
くらいまで復活しました。

まだしばらく自宅待機期間はありますので、
それまでたまったお仕事と、
オンラインでのレッスン、復帰後の準備等

少しずつ元の生活に戻していきたいと思います。

だってですね、
ここ数日はほんと~~~~~~に

だらだら生活してました。
だらだらしていると、時間はあっという間に過ぎます。

長い長い療養期間だったはずなのに
時間泥棒がいました。

残りの待機日時は奪われないようにしたいなぁ・・・。

陽性になってわかったこと、また早めにこちらで続きを書きますね。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました