ハロウィンハロウィン・リトミック!

こんにちは、豊山町にあるピアノとリトミックのおうか音楽教室 すずきともこです。

9月に体験に来てくれた1歳さんがご入会となりました。
ありがとうございます!
これで、豊山教室のリトミックは土曜日午後クラスも開設することとなりました。
まだまだ一緒に参加してくださる生徒さんを募集しておりますので、
体験レッスンも受け付けておりますので、気になりましたら、
お問合せフォームよりご連絡くださいね☺

10月の備忘録、10月後半はリトミッククラスは
たっぷりハロウィンの活動をしました!

どのクラスでも、まずはハロウィンのお話をします。
もう日本でもすっかり定着しているハロウィン、
町中ハロウィンの飾りで華やかですが、小さいお子さんには
ハロウィンってなんなのかよくわからいことが多いですよね。

オバケや蝙蝠、吸血鬼とちょっとコワめなデザインのディスプレイもあり、
怖い!という気持ちが芽生え始めている時期の子にとっては、
楽しむどころではなかったりもします。

毎年、「オバケいるの?いかない」「やだ」「怖い」
とハロウィンの活動自体拒否なお子さんは珍しくありません。

楽しいと言葉でいくら言われたって、納得なんてできません。

なので、「怖い」という気持ちは大事に受け止めてあげて
「先生もちょっとこわいから、遠くから見るだけにする?」

とちょっとハードルを下げて、できそうなことに誘います。


今年のStep2クラスのHちゃん。
10月1週目にハロウィンとは全く言っていなかったのに、最初のお散歩の音楽を
途中でこっそりハ短調でいつもとは違った音楽にしてみました。

みるみるうちに表情が強張ってきました。
とても敏感です。
さっと、楽しい音楽に変えましたが

「今日はお散歩にはいかない!」

と言いました。

お母さまは頭に「??」が。

理由を説明したら、やはりオバケやハロウィンを怖がっているとのお話が。

そんなわけで、次の週からのハロウィンの活動は彼女の気持ちを考えながら
上記の様にレッスンを組み立てました。
遠くからそっと見るのもいやだと言われたので、遠くにお家を立てて
そこから様子をうかがうことに(笑・でも本人は真剣!)

一緒に活動しているKちゃんは早くオバケのお家に行きたくて仕方ない様子。
みんな本当にいろいろです。

じゃあ、オバケのお家に行く前にオバケに変身して遊んでみよう!
大すきなスカーフを被ってオバケになりきる先生。

風が吹くと飛んでくよ~~~~
ひゅるるるる~~~~~!!

ちょっと心動かされたようで、やってみる?と促すと

やる!

といいお返事。

そのまま楽しくオバケになってオバケのお家に入ることができました。

オバケになって遊んだ後は、工作でオバケを作りました。
とってもかわいいオバケができて、一緒にゆらゆらゆれながらお散歩します。

でも、ピアノがひく~~~い静かな音が鳴ったらお化けは隠れます。

二人ともとってもよく音を聴くことができました。

翌週またオバケのお家に行く?と聞いたら、

行かない!

とのお返事でした。

なんでも少しずつ少しずつ。

ですね。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました